キー

鍵のトラブルを防ぐ【慌てずに対処する方法】

  1. ホーム
  2. スペアの存在

スペアの存在

住宅模型

自宅以外でのスペアキーの確保が必要

鍵のトラブルはできればない方が良いですが、時にはそのような事態に陥ってしまうことがあります。家の鍵が何かの原因で紛失してしまい、開錠ができなくなってしまうことがあります。家の鍵は通常のスペアキーなど、数本ありますし、保管をしてあると思います。しかし、家を出る時に持って出る鍵は通常1本です。その1本の鍵を無くしてしまったら、家に入ることはできません。家族が何人かいれば、開錠して入ることができますが、一人暮らしの場合はそうはいきません。できれば自分以外の誰か、身内などにスペアキーを持っていてもらうのがよいでしょう。賃貸物件なら、管理業者に連絡すれば開錠してくれるかもしれません。勝手に鍵を交換せずに、まずは相談してみましょう。

鍵のトラブルを避けるための工夫をする

持ち家や自己所有のマンションなどの場合、鍵がなくて家には入れない時は、専門業者にお願いして開錠してもらうしかないかもしれません。一軒家の場合、外出時に家を開ける時、鍵を玄関近くのどこかに入れて外出する人のいるようです。これは防犯上で考えると、空き巣や泥棒の侵入などのトラブルに遭う可能性もあります。極力、鍵は自分で管理をし、不審者にスキを見せないようにすることが大切です。う。車の場合もトラブルが発生することがあります。特に多いのはインキーをしたまま、ロックしてしまうことです。開錠するためには、車の専門業者を呼ばなければなりません。このような鍵のトラブルに遭わないためにも、日頃からきちんと管理を行って、紛失しないような工夫をすることが大切ですね。